悪戦苦闘の田舎生活

2012/08/14 Tue 23:47

引き続き、田舎のお話。

手間なのが、お料理。

食器はじめ、調理器具もすべて洗ってからでないと使えない。

これが大変。

なにせゴキブリの天下だからね。人がいないと。

ご先祖さまには、お膳を毎朝差し上げます。

お昼も、お団子やらそうめんやら、作った物はなんでも備え付けの仏壇に。

3日間は精進料理なのですが、

さすがに今年は手がないので、自分たちのご飯は通常のお料理にしました。


田舎は車がないと買い出しができない。

が、車はない。

近所のスーパーには、にんじんも売っていなかった。

離れた総合スーパーでは、ワンタンの皮が売っていない。シュウマイの皮も。

今日はワンタンが食べたかったのよ。

餃子の皮で代用しました。

調味料も、最低限のもので済まそうと、ほぼめんつゆオンリー。
(普段は、めんつゆは使わない主義)

よくこれで何種類もできるものだ。

砂糖とだし3種(昆布・かつお・しいたけ)、しょうゆ、塩、これを微妙に配合を変えるだけ。


ワンタンは、普通コンソメだと思いますが、

これもめんつゆと、昆布だしと、ふと買ったお茶づけの元でスープを創作。

美味しかったですよ。

こんなことができるのも、精進料理を諦めたからですが。

いつもの年であれば、調味料も買い込んでこないと、精進あげ(15日には肉魚を、親戚を呼んで食べる)ができないのですが、

今年は勘弁してもらう予定。

なにせ近所のスーパーでは、さしみも予約で一杯で、買うことができないと言われたからね。

商売っ気のないこと。

みんな商売より、お盆の方が大切なのね。

土地が変われば、風習も変わる。

お墓のお守も大変です。

ご先祖さまの声も聞こえるし、やれやれ。。。(気のせいかしら。。。)





ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
料理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示