スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告
片づけホームティーチャー園田 智恵です。

先日、お子様二人のお片づけに伺いました。

和室で遊ばれる小学生の兄妹が、自分で片づけられるようにとのご要望でした。

勉強は隣接したリビングでされるとのことでしたので、

和室にあった2つの折りたたみテーブルは撤去し、

お着換えと遊び場を広くとりました。


多くのオモチャを子どもが管理するのは、至難の業。

いる、いらない、を 子ども自身に判断させていきました。

ちゃんと手放すこともできましたよ。

お兄ちゃんの頭の中には、すでに不必要なものが分かっていて、

それを取り除いてあげればOKでした。

勉強関係やお道具の置き場が決まっていなかったため、

置きやすいようにし、完成時には

「やった~!!!」

って満面の笑顔。

子どもだって、できるんですよ。

下のお子さんも、すごくがんばってくれました。

ぬいぐるみは、ここに入るだけと言ったら、押し込んでいましたけど。。。

でも、約束はしましたよ。

1年たって、遊ばなかったら手放そうねって。

小さくても、きちんと伝えると、理解することはできるのですよね。

ただ、そのきっかけがなかっただけ。


ママの管理にしていただいた物もありました。

まだ使っていないストックの鉛筆と、大量にあった折り紙。

文具のストック管理は、高学年になってからでいいでしょう。

子ども自身の片づけのハードルを低くしてあげるのも、

元に戻すという習慣をつけるためには必要です。

また、折り紙は可愛い物がいろんなサイズをお持ちでしたので、

1年生では難しいかなと思いました。

散らかって親から怒られ、片づけるのが嫌になってしまうことを思えば、

もう少しの間、親が管理していた方がいいと思います。

通常のオモチャを元に戻すことができるようになってからでも、

けっして遅くはありません。

少しづつ、「できる」という気持ちを育てていくことが大事かな。


お子さんも、途中からモチベーションが上がってきて、

「きれいになってきた~~~~!!!」

って大はしゃぎ。

かわいいな~。


帰宅後のパパも、「部屋がずいぶん広くなったね。」と言っていただけたとのことでした。

よかった~。

これで、和室で寝ても圧迫感がなくなりますね。


あちらこちらにあった子供の作品展示も、2か所にしぼりました。

雑然感がそれだけででてしまい、どれが大切なものか分からなくなってしまうからです。

子どもの脳に与える影響を考えると、雑然とした風景は避けたいもの。

思考は目からの情報に大きく作用されます。

勉強をして欲しいお母様は、一度まわりの風景を見直してみてはいかがでしょうか。


夏休みは、子供と向き合うことができる時間がたっぷりある時です。

ぜひ、お子さんと向き合ってみてくださいね。


整理収納について、本格的に学んでみたい方は、整理収納アドバイザー2級認定講座へどうぞ。

ご自分で、整理ができる基準が手に入ります。

次回は8月26日アートフォーラムあざみ野です。

お問い合わせはこちら。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
子供の整理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。