スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告
知的障がいを持つお子さんのサポートをしている、ファイナンシャルプランナーの鹿野さんのお話をお聞きしました。

NPO法人らしさでは、鹿野さんの想いを受けて、親亡きあとの子供が幸せに暮らせるような準備のためのエンディングノートハンドブックを作りました。

親は不安から、やたらと入っている生命保険。

知的障がいがあっても入れる保険はありますが、実際には支給されないケースも多々あります。

どんな時に払ってもらえるのか知っていないと、損をするだけということも。

国からの補助が効くため、実費はあまりかからないということが分かれば、

その保険はいらないかもしれません。

逆に、親が亡くなった後のことを考えて保険を活用する方法は、有効です。

親が亡くなったら、本人よりも兄弟がすぐに困る。。。という事態になるからです。

そのためにも、ラストプランニングノート(エンデイングノート)や遺言が必要になります。

多くのエンディングノートが出版される中、知的障がいの子について触れているのは、NPO法人らしさラストプランニングノートだけだった!と鹿野さんは言われていました。

今回、親亡きあとの支援ハンドブックは、実際の事例やお役立ち情報が載っている、総合的な冊子になっています。

総会セミナーでお話していただく毎日新聞論説委員の野澤和弘氏は、ご自身の息子さんが知的障がいをお持ちです。

とてもいいお話をお聞きしたので、そのうちまとめてみたいと思っています。

PandA-Jは、野沢さんが立ち上げた障がい者のための権利を守ることを目的としています。

雑誌も発行しており、福祉的な雑誌ではないので、明るくていい感じでした。


相続については、片親が亡くなった時に、残った親が障がいをもつこの分まで自分の財産にすることがままあります。

それは、自分が管理しないと!という使命感からですが、

このもう一人の親が無くなれば、その子の財産は他の兄弟に分けられてしまう可能性があります。

将来設計をするとともに、万が一の時を想定してお話をお聞きすると、まったく違った視点でみることができるでしょう。

この先は、また今度。眠いわ~。。。





ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
FPとして思うこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。