スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告

子供と心で話す

2012/06/23 Sat 17:11

片づけホームティーチャー園田 智恵です。

整理収納サービスに、障がいをもつお子様のご自宅に伺いました。

奥様は、とっても明るい素敵な方でした。

3歳の時に、風邪の菌が脳に入ってしまい、寝たきりで言葉も話せなくなってしまったそうです。

十数年、お子様に寄り添って生活をされています。

本当に素敵な方なのですが、なによりも、

「おしゃべりできた頃より、子供を大切にしていると思う。」

と言われたこと。

心に響きます。

親は私も含め、子どもがしゃべれるようになると安心して、

真剣に子供のことに目や耳を傾けなくなりがちではないでしょうか。

真剣に、心で感じ取る努力をしたのは、我が家の場合も2歳ごろまでだったような気がします。

その後は、「自分の意思はきちんと言葉で伝えるように。」

と教えてきました。

それはそれでいいと思っています。

今でも、自分に興味を持って欲しい時、向き合って欲しい時には、

素直に「抱っこ!」と言います。

ま~、いつまで言ってくれるのか、とは思っていますが。(笑)

言ってくれなくても、感じ取る心を失くさないようにしたいものです。

とにかく、笑顔をたやさずお子さんに接している奥様に、脱帽です。


今回は、多くの薬と器具の収納を、食器棚に使いやすいように収納してきました。

普通のご家庭であれば、こまごました物を引出に収納していると思います。

その場所が、薬や器具を収める場所になるのです。

水回りに置くのが使いやすいようです。

毎日数回飲む、何種類もの薬を管理するだけでも大変。


頑張るお母さん、一人であんまり頑張りすぎないでくださいね。

応援しています。
(掲載のご了解をありがとうございました。)


7月24日にNPO法人らしさでは、「親亡きあとの支援ハンドブック~知的障がいの子を持つ親のために~」の完成を記念して、ハンドブックのご紹介及びセミナーを開催します。

障がいのある人とない人が共に楽しく暮らすためにはどうしたらいいか、いじめやひきこもり、障がい者虐待などの問題に取り組んでいらっしゃる野澤和弘氏に、お話ししていただきます。

どなたでもお聞きいただけますので、ご参加くださいませ。

日 時 : 2012年7月24日(火) 14:30~16:30 (開場14:00)

ハンドブック紹介 : 14:30~15:00  

記念セミナー : 15:00~16:30

セミナー講師 : 野澤 和弘 氏

     (毎日新聞論説委員・内閣府障害者制度改革推進本部差別部会委員)

会 場 : 東京ボランティア・市民活動センター 会議室A・B

     JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

参加費 : 1,000円 (「親亡きあとの支援ハンドブック」付き)


《懇親会》 17:00~19:00

会 場 :GRATO (グラート) (飯田橋プラーノモールBゾーン)

℡:03-6268-9062 *JR飯田橋駅、地下鉄飯田橋駅A4-B2b出口徒歩1分

会 費 : 4,000円 (お申込みの上、当日お支払いください)


申込み締切り : 7月20日(金)










ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
整理収納 | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
片づけホームティーチャー園田 智恵です。整理収納サービスに、障がいをもつお子様のご自宅に伺いました。奥様は、とっても明るい素敵な方でした。3歳の時に、風邪の菌が脳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。