スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告

うつ病に勝つ食べ物

2012/03/16 Fri 08:00

片づけホームティーチャーこと整理収納アドバイザー園田 智恵です。

最近、受講生から家族が<うつ>で。。。

というお話を聞くことが、多くなりました。

不安定な社会情勢もあり、精神的な病に陥るのはいつ自分がなるか?

という不安感をいだきます。

震災後、避難生活をされてストレスを抱えている方は、7割にも及んでいます。

一般の会社員にも、多くみられるようになった うつ。

会社としても、いろんな手だてをせざるを得ない状況のようです。

ただ、対処療法的なものが多いようで、そこに限界が見えます。


そんな折、食事でうつ病になりにくい。

というサイトを見つけました。

「うつ病」家族のためのガイドライン

そこより抜粋しました。
    ~~~~~~~~

最近の研究で、食卓の豊かさはうつ病の発症リスクの低下に大きな役目を果たすことが判明し注目を浴びています。

統計的に見て野菜や果物、魚を多く食べている人ほどうつ病になりにくく、加工食品やお菓子などの甘いもの・揚げ物などの食品ばかりを食べる人がうつ病になりやすいというのです。

野菜や魚を食べている人がうつ病になりにくいのは、魚に含まれるDHAなどの不飽和脂肪酸が脳神経の働きを助けることや、セロトニンの合成に関わるビタミンを豊富に摂取していること、低脂肪・低炭水化物の食事がうつ病の改善に効果があることなどのうつ病リスクが低下する要因を抑えていることが理由としていえます。

逆に高脂肪・高炭水化物の食生活は、うつ病リスクを増加させてしまいます。つまり揚げ物や甘いものが多いコンビニ・ファーストフードの利用が増加していることが、うつ病の増加に何らかの影響を与えている可能性は高いと言えます。

   ~~~~~~

やはりバランスの良い食事が、鍵のようです。

うつ病を予防・改善する為には、精神の安定に関わる葉酸・ビタミンB6・ビタミンB12を豊富に含む食品を摂取することが重要。とのこと。

家族の健康を預かっている主婦の大切な役割が、ここにもあります。

専業主婦だからこそ、気を配れることも多いですよね。


お部屋をスッキリさせておくのも、精神的な効果は大です。

いらないストレスを旦那さんに与えて、うつ病にならないように、

快適な暮らしを作りましょう。

3月30日のTACコラボセミナーでは、このあたりにも効く<片づけの効果>もお話したいと思っています。

我が家も、葉酸の多いほうれん草が苦手な子供に、

ほうれん草のクリームスープ(リクエストにより、昨日作りました。)で、予防しようと思いました。

乳製品と一緒だと、味がやわらぐので、野菜嫌いの子供も食べてくれますよ~。


新しくFacebookページをはじめました!
いいね!をよろしくお願いいたします。





ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
商品情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。