ロボットはお友達

2012/01/15 Sun 10:00

お掃除ロボットが親のところにやってきたことは前回書きました。

動いているお掃除ロボを見ながらぶつぶつ言っている父。

それを見ていて、母が言ったこと。

黒柳徹子さんがロボットペットを持っているという話。

一人住まいなので、ロボットペットに語りかけるのが非常にいい

と言われていたそうです。

なるほど。

一人では、家の中で一言も発せずに1日を終えることもある。

そのことからいうと、バカだのチョンだのとつぶやいているのも、

人間の脳にはいい刺激になっているかも。

夕方自動設定で動き出すお掃除ロボは、

見たかぎり埃もないきれいな床をお掃除してもらっても意味ないような気はするが、

別の意味では貴重なのかなと。。。

朝食後に動くようにしたらと言ったのだが、

ロボのお掃除が大変だからと変更する気なし。

ゴミがたくさんあると、機械内に収納するところがない分

まるめて落としていくようになっている。

それを拾うのが嫌らしい。

本当にお掃除ロボとしては意味のないことだ。

ま~、ペットとして考えれば、散歩も食事もいらないわけだから、

気軽でいいか。

そういえば、和室で使った事がないと言っていた。

父の掃除癖は和室が一番なのだから、そこで使わないと母のストレスは軽減されない。

「使ってみたら~。」と言ってきたものの、さてどうしたことやら。









ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
日記(家族) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示