スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告

震災支援品使用せず

2012/01/10 Tue 22:41

昨年の震災で支援物質として提供した羽毛布団。
アレルギー対応済羽毛布団に買い替えたため、使っていたものでも貰っていただけるならと支援者団体に寄付したのでした。
その支援をされていた方から聞いたお話です。

震災直後、共同生活をしていた中で、自分たちだけが暖かい布団で眠ることははばかられ、使うことが出来なかったそうです。
ようやく自分の家と呼べる住まいに落ち着いて、誰にも気兼ねせず使えるようになりました。とのことでした。

一番大変な時に使っていただけなかったのは残念ですが、お気持ちはよくわかります。
以前TVで震災後の家屋調査で、全壊の判断をもらった家と、その隣の外観はほぼ同じで半壊判定をされた家の問題点を取材していました。

半壊となった住人は、再度の審査をしてもらっても半壊のままで、お隣を見ると自分の家と見かけは変わらない。
この矛盾にお悩みでした。
建物の構造的な問題があるのでしょうが、問題は審査基準のあいまいさにありました。
全壊と半壊では補助金の額が大きく異なります。
両者にインタビューをしていましたが、微妙な温度差がTVを見ている側でも感じられ、当事者はもっと違和感があるに違いないと思ったことを思い出します。

羽毛布団を出せなかった方も、羨ましがられて同じ避難場所では居ずらかったということでしょう。
ようやく落ち着かれてよかったですね。

早く皆さんの生活と心が安定、平安となることをお祈りいたしております。

同じく、震災をきっかけに職を失い、放浪されている方が少しでも安定した生活ができますように願っております。





ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
整理収納 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。