戸籍謄本は愛の証?

2011/08/21 Sun 23:00

片づけホームティーチャーこと整理収納アドバイザー 園田 智恵です

田舎に帰っていた夫から渡されたもの

改製原戸籍一式です

戸籍謄本はご存じだと思いますが、改製原戸籍は生まれた時からすべてが載っている戸籍になります

現在の通常戸籍謄本は、法改正によりコンピューター化されたもので、それ以前は紙書類でした

その紙書類を揃えてくれたのです

これは一通とは限りません

なんのために必要かというと、相続の時にいる書類なのです

最近、私がラスト・プランニングノート(エンデイングノート)のセミナーをしだしたこともあり

また、夫もファイナンシャル・プランナー(AFP)であり、相続のことで話す機会が割とあったのです(一般的な話ですよ)

その中で、原戸籍は事前に揃えておいても効力は変わらないため、そろえておくといいよね。と話していたのです(これも一般的な話としてです)

いざという時にあわてて親族が過去をさかのぼって集めることは、とても大変なこと

遠方だと、役所に送っていただく手続きなど、時間と労力がかなり必要となります

そんな話を覚えていたようで、親戚の初盆に帰郷した際に集めてくれたのです

普段はそんなことは おくびにも出さない人ですが

健康診断で引っかかったこともあり、ちょっと考えたようです

備えあれば憂いなし ってことですかね

ちょっとビックリした出来事でした







ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
FPとして思うこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示