いと愛づらし野菜

2011/06/11 Sat 22:31

これ、知っていますか?


DSC_0641.jpg


<コールラビ>っていうんですって

かぶのようですが、キャベツの仲間

葉がない代わりに、茎が丸く肥大

元はケルト人によって栽培された野生種のケールが始まりとされていますが、

原始のケールは変異性に富んでいたため、のちに様々な形になりました

葉が巻くキャベツ、花を食べるブロッコリー、脇芽を食べる芽キャベツ、そして茎を食べるコールラビなど


くせがなく、何にでも合うということなので、薄くスライスしてサラダで食べてみました

かぶのちょっと歯ごたえのある感じ

塩を振っておいた方が食べやすいかも

半分まだあるので、今度はクリーム煮にしてみようと思います

火を通すと、トロリとやわらかくなるそうです

楽しみ楽しみ





ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
料理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示