防災袋の見直し

2011/05/13 Fri 09:41

片づけホームティーチャー 園田智恵です

先日の東急電鉄セミナーでもお話しさせていただきましたが、防災への備えは大変重要になってきます

それについて、ご夫婦で暮らされている方からのメールをご紹介いたします

我が家は、夫婦2人なので、それぞれの個人用防災袋と共通用防災袋の計3つ を用意し、押し入れの分かりやすいところに保管してあります。
又、防災袋に入らない簡易トイレ、シュラフ、水等は置いてある場所を再確認 しました。
今回は、衣替えの時に同時に行いましたが、年2回の衣替えの時についでに見直しておくと、どこに何があるかを再確認できます。
我が家では必要なものをExcelでリストを作成し、目につくところに貼っています。
こうすると頭の中が整理し、すっきりとします。
(M.Oさま)

素晴らしいですね

自治体でも避難袋に何を入れておくといいかをリストで公開していますので、それを参考にされてもいいのではないかと思います

神奈川県でも非常持出品をHPに載せています

防災・災害情報

一次持出品と二次持出品に分けてありますね

我が家もリュックは二つに分けています

リュックは女性は8キロまで、男性で10キロと言われていますので、なんでもかんでも詰め込むのはNG

そのまま数キロ歩くことを想定しましょう

リュックは防炎加工、防水加工がされたものが最適です

薄いビニール系は、火の粉が降ってきたときに穴があき、使い物にならなくなる可能性があります

割と火に強いと言われているのが木綿です

ただし、水には弱いので、中の物が濡れないようにビニールに入れておくことが必要となります

木綿は、ちょっと重くなりますけどね


数年前から、会社にズック靴を置いておくといいと言われていました

東日本大震災では、歩いて自宅に帰る方が多数いらっしゃいましたが

ヒールが邪魔で取って歩いたという方がいらっしゃいました

先日の阿部行政書士セミナーで、阿部先生がお履きになっていたヒール靴がとても素敵だったのでお聞きしたところ

アシックスで出している婦人靴だとのことでした

見かけは普通のおしゃれ靴です

しかし、履き心地はとてもいいそうで、このまま走れると言われていました

今度探してみようと思っています

一日講座で立ちっぱなしですと、帰りには足が痛くなることも・・・

日頃の準備の一つとして、靴も見直そうと考えています

皆さまも、小さなお子様をお持ちの方は特に

子供でも持ち歩けるように、ポケットのたくさん付いたベストタイプを用意しておくとか

サイズのあった靴を履かせるとか(つい長持ちさせるために大きめの靴を履かせていませんか?)

もう一度、見直しておくと安心ではないでしょうか





ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
防災 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示