介護は・・・。

2010/12/18 Sat 23:23

介護現場で働いている方のお話しを聞く機会がありました。

折しもTVで国が要介護者が入れる施設を減らすことにしているとの報道を耳にしました。

38万床あるのを2012年には15万床にする計画。

現在でも42万人が特別養護老人ホームが空くのを待っています。

さて、団塊世代が80歳代になった時にはどうなるのでしょうか。

国は家族が面倒を看ることに決めているようですが、人口比でゆくと男性が余ることが分かります。

つまり、両親を独身男性が看るのが当たり前になるということ。

そこで何が起こるのか?

介護は24時間ですから、仕事はできません。

結局、親の年金をあてにして暮らす人を作り、問題になった、死亡届けを出さない人が増える可能性が高まるのでしょう。

ここでまた問題が一つ。

自分の人生をダメにしたのは親だと、暴力に発展。

今、高齢者への暴力が増えているようです。

家庭的暴力というと、幼児虐待がニュースになりますが、高齢者にも広がり出しています。

親は子供から受けているとは言いません。

悲しい現実です。

これから日本はどうなるのでしょう。

一人では解決できる問題ではありませんので、地域で助け合う仕組みが必要だと思います。

国も早く対策を取っていただきたい問題です。






ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
FPとして思うこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示