スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告

尊厳死宣言

2010/11/20 Sat 23:50

公証役場の現役公証人の方のお話をお聞きする機会がありました。

以前、尊厳死協会のことを書きましたが、今日は一歩踏み込んで尊厳死宣言につぃてです。

尊厳死宣言は公証役場で作っていただけます。

もう助かる見込みのない状況(末期ガン等)や、植物人間になってしまったリした際に延命治療を止めてもらう意志表示をする事ができます。

尊厳死協会の調べでは、95.8%の医師が尊重してくださったとの統計があります。

事故で植物人間になってしまった場合、人口呼吸器を装着しているといつまで生存するか分かりません。

その間、親族は何百万何千万もの負担を強いられます。

医師は殺人罪に問われるのを怖れて人口呼吸器を外してはくれません。

ある程度の年齢になったら、配偶者や子供に迷惑をかけず、延命治療で痛いめをいつまでも味わうことなく生涯を終えたいと思うのは、私だけではないはず。

一度考えてみるのもいいのではないでしょうか。

公証役場では相談については無料で受付ていただけるとのこと。

ぜひとも活用したいものですね。

参考:尊厳死宣言作成費用14000円

    読売新聞記事   






ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
FPとして思うこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。