スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告

建築士と押入れの話

2010/08/15 Sun 01:29

片づけホームティーチャー 園田 智恵です。

主人のお友達で1級建築士の方がいます。

久々の旧友が訪ねて来てくれて、二人とも話しが尽きない様子。

しばらくは二人で話し込んでいたのですが、話しは自然と仕事のことに。

最近の建築事情になり、昔は床の間が一番大事な打ち合わせだったのですが

最近のお客様が力を入れられるのが押入れとのこと。

いかに有効に押入れを使うかが大きなポイントになるそうです。

以前は布団の入る空間があればよかったのですが、

今は必要なものをどのくらい持っていて、どうすれば無駄なく有効利用できるか?

が最大の関心事。

そのため、押入れの図面をたくさん描いているそうです。

棚板は何センチのところに作れば無駄なスペースがないのか。

重たいモノなら厚みのある頑丈なものを

軽いモノなら板厚を薄くして収納がたくさん取れるように。

個々のお客様にあわせて設計されているとのこと。

もちろん、取り外し可能に設計されています。

さすがに実践でされているだけあって

整理収納アドバイザー的な視点が満載でした。

それでも押入れは難しいようで「どうすればいいか知りたい」ということでしたので

簡単レクチャーをさせていただきました。

お薦めの収納用品もご紹介しましたし、2級講座のテキストもご案内いたしました。

家1軒建てるということは、300項目もの打ち合わせをしないと出来あがらないとのこと。

そして、最後に問題になるのが押入れだそうです。

他が決まって、さてこの空間をどう使おうか?

悩まれるお客様。

細かい指示をされるお客様もいらして、

大工さんは数センチの狂いは許容範囲なのですが、お客様はそうはいかない。

「この収納用品がピッタリ入るように」と、くる訳です。

建築士である彼は、後でクレームにならないようにその現場に立ち会うことになるそうです。

大変はお仕事ですね。

それだけして建てた自分の家は、大満足の自慢の家となりますよね。

実際、ここまでされたお客様の満足度は高いとのこと。

今すでに住んでいる自宅をリフォームするのは大変ですが、

今ある物をなるべく使いながら改造することは可能です。

リフォームまではできないけれど、もう少し使い勝手をよくしたいとお思いの方は、

お片づけのプロに手を貸してもらうのも一つの方法です。

ご自分でしたいという方は、整理収納の基本が学べる

「整理収納アドバイザー2級認定講座」を受けてみてはいかがでしょうか?

片づけホームティーチャー園田智恵の次回講座は

8月29日(日)横浜市アートフォーラムあざみ野です。

ぜひご活用下さいね。






ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
整理収納 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。