スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告

こころとお片づけ

2010/04/20 Tue 08:39

お片づけの話しをする際に、絶対外せないことの一つにこころの問題があります。

18日の2級認定講座の参加者からいただいた質問の中にもあてはまることがありました。

お子様が作品を捨てられず、お母様が内緒でゴミ袋に捨てると目ざとく見つけて拾い出す。ということでした。

アドバイザーがご自宅に伺ってお片づけをする際には、ご家族のものはやはりご本人に確認してからでないとできません。

ご本人が納得していないと、意識も生活習慣も変わらないままで、すぐに元の状態に戻ってしまいますし、なによりトラブルの原因になります。

お子様のものだと親が勝手に処分してしまいがちですが、そのことがかえってお子様の作品への執着心となってかえって捨てられないというサイクルになってしまうのです。

作品はどこに飾るのか、ということも関係しているようです。

作った本人の部屋ーつまり子供部屋ーに飾っているというご家庭のお子様には、捨てられない傾向があるように思います。

リビングには色を反乱させたくない。インテリアにこだわりたい。

親の要望なのですが、お子様の立場にたってみると、

せっかくガンバって作ってきたお気に入りの作品。

ママやパパに見てもらいたい

褒めてもらいたい


とうぜんの欲求です。

にもかかわらず、家族の目にあまり触れない、会話にすら出てこないであろう場所に飾ってもらっても、子供は満足しません。

つまり、こころの満足が得られていないのです。

お子様に手放してもらうには、ほんの少しの空間でもいいので、○○ちゃんコーナーを作ってあげると、飾るのはその場所だけという限定になりますし、子供もなにを飾ろうかとたくさんの作品から選ぶちからがつきます。

就学前のお子様はいい練習になりますよ。

小学生になれば、自分で判断できますので、親が

もう処分してもいいかしら?と声をかければ、いいよ~!と返事が帰ってくるようになります。

なんでも練習が必要ですね。






ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
整理収納 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。