スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告

児童虐待予防ネットワーク

2010/03/12 Fri 10:02

最近、児童虐待で子どもが亡くなる事件が相次いで報道されています。

核家族が進んだ結果、育児ストレスが母親を悩ませています。

児童虐待をしている60%が実母という統計があります。

虐待をしている人がけっして特異なひとではありません。

虐待にはいたらないまでも、ストレスを感じている母親は非常に多い。

自分を振り返っても、転勤で2年ごとに引っ越しをしてきたことから、地域とのコミュニケーションは大きな課題でした。

物の整理には引っ越しは非常にいいのですが、子育てとなると、子供の遊び場を捜すことからお友達を作ることまで多々問題がありました。

ようやく慣れたころに断ち切られる人間関係と地域情報。

人とのコミュニケーションが苦手な方は、引きこもりになりがちなのはよ~く理解できます。

個人で対処できるのには限界があるかもしれません。

日本には何かことが起きたときには、民生委員などの支援があるのですが、予防という観点からは貧弱きわまりない状況にあります。

虐待をする側の聞きとり調査から、親自身がDVを受けてきたのが半数、そのうち4割が自分の子供に虐待をしていました。負の連鎖があるのですね。

それを解消しようという動きが行政やボランティアで広がりつつあります。

SSTという同じ境遇の仲間で経験を語ることにより、客観的に自分を見ることによって感情コントロールができるようにする講座などもあるようです。

虐待をしてしまう方は、自分の感情をうまく伝えられないスキル的に低い方が多いそうです。

受講者の方の感想は、自分がどこでつまずいたのか、どこに恐怖心があるのかが分かるので、克服しやすいと言っておられました。

他にも、子育てネットワークピッコロではお友達として家庭に入り、母親のストレス軽減に効果をあげています。

ひとりで悩まずに、相談しましょうね。


児童相談所 全国共通ダイヤル(かけてきた地域に繋がるそうです)
0570-064-000







ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。