スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告

旦那様の居場所を作ろう!

2014/03/29 Sat 18:56

幸せ案内人、片づけホームティーチャー園田 智恵です。


第4回園田塾でのこと。

平面図をお持ちいただき、お困りの収納相談を受けていました。

前回のスカイプで出た話の流れで、手書きの図面をお持ちいただきました。


春休みのお子様方は、ソファーを移動させておいたので、その広くなったリビングで、楽しく遊んでいました。

子連れOKにしています。

自分が子育ての時期に、どうしても学びたくて保育付の講座によく申込んでいたからです。

だから、小さいお子様がいるからと断ることはしたくないのです。




始めはお困りの収納場所についてのお話でしたが、

旦那様のところは手を付けるお気持ちはなかったようです。

「私は子育てだけで大変だから、夫は夫自身でして欲しい!」

子育てにちょっと手がかかるお子様をお持ちなので、そう思うのも当然のように感じました。

しかし、です。

旦那様も奥様のお気持ちはご理解されているとしても、

やっぱり自分のことも気にして欲しいはず。

書斎とは名ばかりの物置部屋では、自分の居場所はないに等しい。

そのためにリビングにオーディオなどを持ち込むのです。

そして、奥様は置かれるCDの山のような風景を嫌だと思われているのです。

書斎にもCDはあります。

古いCDも聞きたいので、どんどんリビングにCDが移動して増えていく。。。



さて解決策はなんでしょう。


一つの方法として考えてくださいね。



書斎を快適空間にする。



旦那様のお部屋を、納戸部屋状態から解放することで、居心地が良くなればどうでしょう?

ご家族に嫌がられることなく、自分の世界を堪能できるようになるのではないでしょうか。


その発想から部屋のレイアウトを提案しました。



奥様にとっては意外な視点だったようで、

書斎もキレイになるし(奥様にとってもこのお部屋はちょっとストレスだったようです)、

落ち着ける空間になりそう!

そう思っていただけました。


奥様ご自身が片づけなくても、旦那様のやる気さえ導ければ、男性は勝手に自分の城を作り始めたりします。


そのなったらしめたもの。

あまりの快適さに、書斎から出てこなくなったら大変なので、そこそこを目指すようにしておいた方がいいかもしれませんね。


その後の変化はこちら




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
本・書類のお片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。