スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告
暑いしか言葉がでてこない日が続いていますね。

そんな暑い中を、大勢のお母様方がお集まりくださいました。

募集も追加する必要もなく満席となりました。


「自分で片づけられる子供に育てる」
     ~判断能力・社会適応能力は整理整頓で育つ~



社会に出る前に身につけておきたい基本的な事は、やはり家庭での暮らしが大事だと思います。

PTA役員をした経験からも、学校の先生は日々忙しく、教育委員会やらなんやら書類提出もいっぱいあります。

その中で、基本的な生活の基礎を子供に教えているというのが実態です。

「お道具箱の中がゴミだらけ。」

「整理をさせる時間をとらなければならない。」



本来、学校は勉強を教えるところです。

それ以外のことに先生の労力を割くのは、親としても「もったいない」と思いませんか?

子ども部屋が散らかって、イライラするのも、親子ともども良いことはありません。

「片づけなさい

と叱っても、子供は叱られたことしか記憶に残りません。

何をどうしたらいいのかを教えないと、どこか見えないところに押し込んで、「片づけた」と言います。

これでは何がどこにあるのか分からず、

次のときには、また全て出して探す。

これでは嫌になってしまいます。


モノの置き場所は、子供が使いやすいように、自分で戻せるように、子供と相談しながら決めましょう。

自分で決めたことは「元に戻そう!」という意識が働きやすくなります。

親が勝手に決めた場所は、子供には使いずらいこともあるのです。


そして、最重要なのは、モノの量

親が片づけるのが大変と思う量を、子供に与えてはいけないのです。

それを毎日、自分で片づけろと言うのは、酷な事だと思いませんか?

さらに、小さい時から「このカゴに入れればOK」と教えてきたとしたら?

小学生になったからと、教科書はここ、ランドセルはあちら。

これはできないのです。

ワンボックスに入れれば良いと教えてきたのですから。


鴨志田第一小2

鴨志田第一小PTA1


PTA様から感想をいただきました。

「なぜ片づけが必要なのか」についてのいろいろな方面からのアプローチ、また片づけの具体的なポイント、注意点など、わかりやすく、柔らかな言葉でお話ししていただきました。
聴講者からは、「ひきだし一つから初めてみたい」「まずはチャレンジ」などの明日からの毎日に生かしたいというような感想を多く頂き、満足しております。
また機会があれば、お願いできれば、と思います。
ありがとうございました。


こちらこそ、ありがとうございました。

素敵な時間を皆さまと共有できたことを嬉しく思います。



セミナー・講演は随時受け付けております。

お気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

整理収納の基本を学び、資格も取れる講座も毎月開催しています。

詳細はこちら




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
セミナー/講演 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。