スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告

海外整理収納事情

2013/05/10 Fri 01:21

片づけホームティーチャー園田 智恵です。

今日はセミナー2件はしごしました。

午前中は、海外初、香港で整理収納アドバイザー2級認定講座を担当された中村信子さんの香港事情セミナー。

まずは空港の話で実感したのは、アジアのハブ空港のひとつである香港の凄さ。

都バスも、ようやく24時間営業の話が渋谷~六本木間で出たばかり。

香港のように主要な地区の24時間営業にはならないですね。

土地の広さが違うから仕方ないけど。

ただ24時間動くということは、エコの概念はないそうです。

それだけエネルギッシュな街だとも言えます。



無印やユニクロなど日本企業がメイン通りで大きな展開をしていることもお聞きしました。

アジア圏では、日本は品質の良さもあり、就職先としてもトップに入るようです。

香港には行ったことがないので、興味深くお聞きしていました。


言葉は通じなくても(通訳さんはいたけど)、ハートは通じるということでした。

収納という点では、興味が一致していますからね。

狭い土地に密集した人々が暮らしていると、日本と同じ悩みがあるのです。

これからは香港も整理収納の時代が来ると、参加者みんなで感じたのでした。



それ以外では、中国は、土地が広いから処分という感覚がないとお聞きしたのは園田の中国人受講生さんから。

日本の田舎と同じみたいです。

アメリカは、最近は100円ショップみたいなのも増えてきているようですが、

以前はあまりなかったので、転勤族が帰省地日本をたつ時には、

100均のカゴを大量に買ってアメリカに戻るという話をしていました。

これも受講生さんから聞いていた話ですが、

まさにそれをしていたというアドバイザーさんも!

日本に帰ってくる時には、お買いものした物の半分近くを処分しないと住めないとか。

それで整理収納アドバイザーの資格を取ったのだとか。

なるほどね~。

アジア系の人は、なかなか物の持ち方とか処分の時期などに決まりを作るのが、苦手なのかもしれないですね。

イギリス、ドイツはスッキリしているものね。

こんなところで、海外整理収納事情でした。

もう一つのセミナー「お墓をもっと知ろう~ネットでお参り}は、「人生を変える物とお金の幸齢整理」に掲載しています。

こちらもお読みくださいね。

いつもありがとうございます。



ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
整理収納 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。