整理収納サービスにお伺いしました。

昨年は泣きながらお電話をいただいたこともあって、心配していたのですが、

爽やかな笑顔で迎えてくださいました。



親御さんのマンションを借りているため、親の物が大量に置いてあります。

それがネックになって、生活している娘さん夫婦は大変なのです。

しかし整理収納サービスを受けたことにより、

今一度モノと向き合うことを決意されました。

そのため、今までなんでも親の言う事を聞き入れていた娘さんが、

自分の意見を言う事ができたのです。

子の想いを聴いて、親御さんは一部屋プラスαの持ち物を、少し手放してくださるようです。

それでも一部屋は、若夫婦とお孫さんが使うようにはならない可能性が大きいです。

でも、いいんです。

ご実家も物であふれているそうですから、その住人である親御さんが、娘さんのために奮起をしているのです。

今はまだ、そのお部屋には不要としたらしいビニール袋が大量に置かれていましたが、

それが無くなれば、他の場所にある「高かった」「使える」と取ってある物を移動することができます。

そうなれば、若夫婦の居住スペースの使い勝手が良くなるのです。



でもね、本当は

使わずに置かれているモノ達は無用の長物.


自分の家にも持って行けない、

娘の家でも使わない。

そんなものを取って置いて意味があるのでしょうか?


娘さんの精神を蝕むだけだと思うのですが。。。


そのイライラは、以前お子さんに向けられていました。

それが今はとても素敵な笑顔です。

ようやく親が自分のストレスを、ちょっとだけでも理解してくれた!

この気持ちが大きいのではないでしょうか。


これはお孫さん~娘さんの子供~にとてもいい影響を与えます。

母親がイライラしていると、子供は委縮してしまいます。

母親が悲しんでいれば、子供は同じ思いを感じ取り、よく泣くようになります。

そして母親のそばを離れなくなるのです。ママを心配して。

子どもが付きまとうと、母親はまたイライラするようになる。。。




こうして負のスパイラルができてしまうのです。

いま、この負のスパイラルを断ち切り、良い循環に変えようと頑張っているママ。

とっても素敵です。


もしお読みになっている捨てられない世代の方は、

どうぞお子様、お孫さんのことを考えて、

使わない物は使う方へ差し上げるなり、リサイクル等をお考えください。

ご自身の生き方を考える一助にもなると思います。


ママ、これからも応援していきますよ。

がんばろうね~。





ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
幸齢整理(生前整理) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示