スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサー広告
片づけホームティーチャー園田 智恵です。


9月30日に、肢体不自由児特別支援学校PTA連合会さまの会で
整理収納についてお話することになりました。

そこで、実際に日常生活のお話をお聞きしてきました。

以前寝たきりのお子様がいるご家庭に伺ったこともありますが、

本当にシンプルライフを実践されていました。

命を守るために必要なものしか、リビングにはなかったのです。


今回お伺いしたのは、書類に悩めるPTA役員さん。

子供の数だけそれぞれの学校からプリントが来るのは、どこのご家庭でも同じです。

ただ、数が違う。

国、自治体、地域、学校、それぞれから情報が届く。

さらに役員さんだと、それぞれのPTAの書類を管理していなくてはならない。。。


私も小学校の時に役員をしていたので、多少は分かります。

やはり、役員だった時だけでなく、次年度も引継ぎで足りないところは、

後で時期役員さんをサポートするために、書類は手元にとっておきました。

原本は学校のPTA会議室に保管されていますが、

聞かれた時にすぐ答えられるようにするには、やはり手元に欲しい。

それでも、なければないで、学校にあるという安心感はある。


これは学校が近いというのが前提です。

特別支援学校は、近くにあるとは限りません。

地域で決められたところにしか行けないのです。

他の学校に行くには、その地域に引越をしないといけない。

さらに重度の子供は、支援学校のバスにも乗せてもらえない。
何かあったら困るからだとか。
それって、親でも困ることだよね。

当然子供を置いて行けるはずもないし、

車の乗せるのだって大変なこと。

さらに!

学校の書類は学校の会議室に置けても、
国への陳情や地域の書類は、学校のではないから置くこともできない。

それで自宅で保管することになるらしい。

そりゃ~大変だわ。

普通児でも、小学校と幼稚園から書類がきたら、管理に苦労している方は多い。

さらにファイルがいくつにも分かれるのだから、嫌になってしまうのも分かる。


もっと現実的に子供にとってどうなの?
ということも聞きました。

肢体不自由児特別支援学校に来る子供達は、
知的障がい以外の全ての子供であると言う。

脳性まひの子供も
知的には問題なくて手足が自分で動かせない子供も
みんな同じ学校。

当然、知的レベルに問題なくても学力を伸ばすところまではなかなか難しい。
乙武さんは、本当に稀な方なのだとか。

国立では唯一の肢体不自由者特別支援学校である桐ヶ丘特別支援学校は、
学力が高い子供が入るところ。
しかし、自立活動ができるのが前提なのだそうだ。

自立活動とは
・ヘルパーに意思を伝えられる
・座る・立つ・歩く・作業する の練習ができる

出来ない子は、はなから入れないということ。
~~~国立だよね。

日本の実態は、そこに配属された先生が、その道のプロではないということ。

これは、普通の学校にも設置されている支援学級の先生も同じ。

配属されてから、子供達のことを学ぶ。


政府は女性支援だの子育て支援だのと言っているけれど

これで支援しているって言えるのかしらね。

確かに金額的にはかかっているのでしょう。

でもその中身は、その金額に伴っていないのではないでしょうか。

親は、自分亡き後のことを、心配せざるおえない状況です。
こちらは、親亡き後の支援ハンドブックをご参考にされると良いと思います。

まあ、それはさておき、

当面の問題は書類だわさ。

量の問題はあるにせよ

やり方は普通と同じに考えていいと思います。

やっぱり溜めるのは、どこに何があるのか分からなくなるので

定期的に、できれば書類やDMが届いた瞬間に

要る要らないの判断をして、

要るものを内容や重要度、期間で分けて保管。

期限がきたら処分。

これはやるしかないでしょう。

保管する書類については、探さなくてもいいように工夫ができますので、お伝えしてきました。

まずは、学校関係と自宅関係の書類の収納庫の区割りから考えていただくようにしました。

PTAの役員は、持ち歩くのでクリアファイルなんだよね。

私も、持ち歩くPTA専用バッグを用意して、そこを収納場所としていました。

保管はその方が分かりやすいし、時間の無駄がない。

ただし、役員の任期中だけね。

役員からはずれたら、袋は取り除こう。保管になるだけだから。

同じような書類を、校正して第●案としていくと、最新がどれなのか分からなくなるようなので、

それについては、日付の付け方を全員同じルールで書く事

たとえば、20140828(園田)・・・担当者の名前を付けていく。

8月28日では、後で見た時に何年版なのか分からなくなります。

作成する時に、前年度の書類を参考にするため
前年度の書類をだしているから。

色を使うこととか、
時系列のほうが記憶をたどりやすいとか、
会長は、副会長など他の人にサポートしてもらわないと
いつまでに何をするという情報が抜け落ちていくことがあるとか、
(忙しいからね~。普通学級だってPTAは忙しいのだから。子どものケアが一番だし。)

そんな話をして帰ってきました。

まずは、書類保管庫を整理していただくことに。

アフター写真もいただけるとのことですので、
楽しみに待っていようと思っています。

カラーセラピーもさせていただきましたが、
いろんなお話がでましたよ。

心の底にあることは、カラーを使うと効果的ですね。
一人の時間が大切だってことに、あらためて気がついたのでした。

お子さんにいつも笑顔を向けられるように(すでに、していらっしゃいますけれど)、

自分の時間を確保するために、

面倒でも整理から始めて下さいね。

応援しています。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
スポンサーサイト
本・書類のお片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)
片づけホームティーチャー園田 智恵です。

今日は、図書館に頼んでいた本の順番が回ってきたとのことで、受取に行きました。

ついでに読み終わった本をブックオフに持って行こうかと、1冊でしたがバッグの中にin。


ふと図書館の受付カウンター越しに見えたリユースコーナー。

集める時期が決まっているのかな?

そう思いつつ聞いてみました。


「本の引取りはしていますか?」


寄贈してくれるのですか?との言葉と共に、サインする書類を出してくれました。

図書館で扱えない場合は、リユースコーナーに行くんだそうです。


そうなんだ~。

だったらいつでも持ってくればいいのね。

リサイクルに少ない冊数を持って行くのも面倒だし、

さりとて自宅にあるのもジャマなもの。

図書館に行くついでに処分する本を持っていけるなら一石二鳥

そして他の人に読んでもらえる。

いいことづくめじゃない!

ホントいいこと聞いた。


皆さんのお近くの図書館はどうでしょうか?

一度お試しを!!




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
本・書類のお片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)

旦那様の居場所を作ろう!

2014/03/29 Sat 18:56

幸せ案内人、片づけホームティーチャー園田 智恵です。


第4回園田塾でのこと。

平面図をお持ちいただき、お困りの収納相談を受けていました。

前回のスカイプで出た話の流れで、手書きの図面をお持ちいただきました。


春休みのお子様方は、ソファーを移動させておいたので、その広くなったリビングで、楽しく遊んでいました。

子連れOKにしています。

自分が子育ての時期に、どうしても学びたくて保育付の講座によく申込んでいたからです。

だから、小さいお子様がいるからと断ることはしたくないのです。




始めはお困りの収納場所についてのお話でしたが、

旦那様のところは手を付けるお気持ちはなかったようです。

「私は子育てだけで大変だから、夫は夫自身でして欲しい!」

子育てにちょっと手がかかるお子様をお持ちなので、そう思うのも当然のように感じました。

しかし、です。

旦那様も奥様のお気持ちはご理解されているとしても、

やっぱり自分のことも気にして欲しいはず。

書斎とは名ばかりの物置部屋では、自分の居場所はないに等しい。

そのためにリビングにオーディオなどを持ち込むのです。

そして、奥様は置かれるCDの山のような風景を嫌だと思われているのです。

書斎にもCDはあります。

古いCDも聞きたいので、どんどんリビングにCDが移動して増えていく。。。



さて解決策はなんでしょう。


一つの方法として考えてくださいね。



書斎を快適空間にする。



旦那様のお部屋を、納戸部屋状態から解放することで、居心地が良くなればどうでしょう?

ご家族に嫌がられることなく、自分の世界を堪能できるようになるのではないでしょうか。


その発想から部屋のレイアウトを提案しました。



奥様にとっては意外な視点だったようで、

書斎もキレイになるし(奥様にとってもこのお部屋はちょっとストレスだったようです)、

落ち着ける空間になりそう!

そう思っていただけました。


奥様ご自身が片づけなくても、旦那様のやる気さえ導ければ、男性は勝手に自分の城を作り始めたりします。


そのなったらしめたもの。

あまりの快適さに、書斎から出てこなくなったら大変なので、そこそこを目指すようにしておいた方がいいかもしれませんね。


その後の変化はこちら




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
本・書類のお片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)
片付け3回講座の最終日、エンディングノートの講座が終わりました。
赤ちゃん連れでご参加いただいた方もいて嬉しい限りです。

モノの行方もお金の行方も、明確にしておいた方が不安は無くなります。

モノとお金は密接につながっています。

単純にモノを買えばお金は出ていきます。

お金の使い方は、モノの持ち方にも関係があります。



こだわりを持って吟味して購入される方もいれば、今が楽しければいい現在重視派もいるでしょう。

どちらがいい悪いではなく、その方が細かいことを選択していった結果、今の状況になっているのです。

もし、部屋にモノがあふれているとしたら、

それはあなたが選んだその時点の希望が、お部屋に現れているということ。

それを楽しむ余裕があるコレクターさんもいるので、たくさんあるのが悪いわけではありません。





普通の片付けはしたけれど、防災用品のしまう場所がないのでどうしよう?
とご相談される方もいれば、

たくさん持っている中でも資格取得関係の書類が手放せない。
と言われる方もいます。

どちらの方も、減らさなくてはいけないとわかっていらっしゃいます。

前者の方は、アドバイスに従ってさらにモノの選別をして、防災用品の場所を確保されるでしょう。

後者の方は、迷ったあげくテキストを保存される確率が高いのかなと感じました。



何のためにテキストを所有しておくのか?

本当に勉強する意思があるのか?

高かった!それだけで持っている事に意味があるのか?


テキストは、法律が変わればそのまま使う事は危険です。

ここはその方の心の整理になります。

本当に資格を取りたいのであれば、勉強をしているうちに必要なテキストを厳選できるはずです。

自分が苦手な部分に絞って購入するのであればOK。

そうでなければ、たくさんのテキストを買うだけ全部勉強しなくっちゃ!

と、さらにプレッシャーだけが増幅し、勉強自体をしたくなくなる可能性もでてきそうです。

もしこの方が、いろんなテキストの中から本当に必要なテキストを選び取れるとしたならば、

数十冊分のテキスト代がお財布から出ていくことはなかったのです。
(テキストは高いですよね。)

自己投資は大事ですが、ムダな自己投資をしてはいないでしょうか?





失敗談をひとつ

大学入学後、医療事務の資格を取ろうと思って、通信教育を申し込んだ経験があります。

1度も目を通さずに、数年後に廃棄処分となりました。

それこそテキストの山です。

なんでやろうと思ったのか?

なんとなく取ろうかな~~~

くらいだったから、結局手にも取らなかったわけで。。。

自分の意思確認は大切だな~と思ったわけです。



なんとなく

いつか

そのうち



誰もが言い訳につかいます。

自分もそうだったから、よくわかります。

でもこれって、その日は来ないのですよね。

それを悟るのが早いか遅いかで、

モノも処分できるかどうかが決まるのかもしれません。

モノには罪はないですからね。

高い勉強代を払った。

次回は同じことを繰り返さない様にしよう。

そう思えたなら、そのお金は活きるのではないでしょうか。


自分にも同じことを言い聞かせつつ、受講生さんが乗り越えられることを祈っています。





ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
本・書類のお片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)
片づけホームティーチャー園田 智恵です。

今日は、暑さが身に染みますね。

ちょっと涼しくなっていただけに、キツイです。




浅田梢さんの「ロジカルコミュニケーション」講座を視聴しました。

いかにロジカルに相手に伝えるか?がメインテーマです。

その中で、思考の整理ステップというキーワードがありました。


①大項目に分ける
②小項目に分ける
③ラベル(見出し)をつける


これって書類の整理とまったく同じです。

「項目」を「分類」に換えればいいだけですね。

つまり、「書類の整理」は「思考の整理」と同じステップを踏めばいいということです。





書類を溜めてしまう方は、実はどんどん頭の整理を後回しにしていることになります。

だから、山のようになった書類を見てパニックになり、思考が停止してしまうのです。

思考が停止すれば、さらに書類の山が大きくなっていく。。。

悪循環ですね。


やっぱり日々少しづつ【いる・いらない】を明確にして減らしていくしか方法はないのです。

1年見なかった書類なら、ほとんど見ないで捨てても問題が起こらない可能性が高い。





「ナムレコの統計」というのがあります。

1年以内に作成した書類を見る割合が99%

言い換えれば、1年過ぎたら、たった1%しか活用することがないということ。

情報は新しいのが命ですから、古い情報はいらないのです。
(社史編纂資料等は別です。)

特に今はネット社会。

いくらでも検索をかければ、知りたいことはでてきます。




ある会社の社長さんが言われていたことは、

事務所の引越をするのに、見ていないんだからそのまま処分してもいいか!

取引先からいただいた書類も、

えいや!!!

清水の舞台から飛び降りる気持ちで処分したそうです。




「3か月たっても、まったく問題ない。

いらない物だったんだね。」




そうおっしゃられていました。

それで2割、事務所のスペースが空いたそうです。

いかにいらない書類がスペースを奪っていたかが分かります。



「ほとんどの会社では、5割の書類を処分しても、問題ないと言われていますよ。

とお伝えしたところ、



「まだ足りないということだね。」

笑われていました。

きっと会社にお帰りになって、また減らされていると思います。






5割を処分

3割を保管

2割を事務所で使用


これが書類の王道ルール


フロアの空間が3~4割空いたとすれば、いったいいくらお家賃が浮くのでしょう。

それどころか、置き場所がないと言ってストレージを借りていたとしたら。。。

年間数百万円の経費が浮くかもしれないのです。




心の不安を紛らわすためだけに数百万円を払うのがいいのか、

会社の発展のために研究費に投じるのがいいのか。




貴方の会社はどちらのタイプでしょうか?

思考の整理をしてみると、いらない書類が見えてくること請け合いですよ。





ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
本・書類のお片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)
日本経営協会の「デジタルの強みを企業経営に活かすために」に参加しました。

デジタルも紙も、同じだということが、よく分かりました。

もっと言えば、物の持ち方も同じ。

いつも講座で私が言っていることを、講師の方が言われたので、思わず笑ってしまいました。


現状:持っていないと不安。

回答:今まで使っていなければ、これからもない。

さらに言葉は続きます。

なんで棄てろと言うと、今まで蹴飛ばしていたものに執着するのかね。
(ここは、物だと「捨」になります。廃棄を勧めているわけではないので。)

アハッ 確かに。
心理です。

内容については、マイベストプロで書いています。

良かったら読んでくださいね。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
本・書類のお片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)

デスクのゾーニング

2012/09/06 Thu 17:16

机のゾーニングセミナーに参加しました。

机の使い方は、基本的に同じでした。

面白かったのは、日付ごとにやる事と1日のスケジュールをノートに書くこと。

一元管理できるのがいいとの事でした。

問題は、書き忘れた時。

仕事に持参する資料も記載しておくので、
つまり、関連ある物は全て書くという事なので、記載忘れは致命的。

もう一つは、1日ごとにスケジュール管理しているので、大きな流れが見えないこと。

仕事着手該当の日に、あらかじめ予定として先日付で記入するそうです。

仕事そのものの予定が変わった時に、見つけ出すのが大変そうです。

しかし、他の方法と組み合わせれば有効だと感じました。

例えば、その企業ファイルに、メモを入れておく等。

ダブルチェック体制です。

それでも、必ず担当ファイルを見るというルールを作らないといけないですね。

こまめに書くことが苦痛でない方は試してみてはいかがでしょうか。



優先順位で仕事を進めるという話もありました。

大切なのは、優先順位は低いが、重要なものに時間を充てること。

確かにその通りですね。

まだ大丈夫と思っているうちに重大な事態になりかねないからです。

ついつい重要ではないけれど、緊急なものに手を付けがちですよね。

ここを、重要だけど緊急ではない事を優先するということでした。



考え方は同じでも、選択肢が2つあると思います。

一つは講座で言われていた、優先順位の高いものから片付ける。

一般的に上司が部下に言う方法です。


もう一つは、重要ではなくても、すぐに終わるものはサッサと終わらす方法です。

なぜ重要ではないのに手を付けるのか?

これは、ムダな気がかりで頭の中のスペースを奪われ、集中力を失わないためです。

あれもある、これもやらなければならない。

この状態で重要事項を処理していても、次の案件のために時間を確保しなければ!!

それはどれくらいの時間なのか?大した時間ではないはず。。。

というストレスで、集中力が欠けないように、余分な雑用を済ませ、大きな時間を確保してから重要案件を処理する方法です。



自分にはどちらの方法が向いているのか、考えてみる必要がありそうです。

ノートではなくPC管理の方もいるでしょうし、いろいろな方法を試してみて、自分にぴったりの管理体制を見つけられるといいですね。




ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
本・書類のお片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)

書類の整理

2012/06/05 Tue 18:37

片づけホームティーチャー園田 智恵です。

書類の整理は、ちょっと後でやろう。。。と思っている間に山になっていきます。

共働きで、日々の生活を回すだけで精一杯。
子育てで忙しい。
親の介護で時間がない。
食事の支度と洗濯物だけで、ギブアップ。



生活に必要なことから優先順位を付けていくと、書類は後回しになりやすいのです。

そんな状態が続くと、いざ片づけようと思った時に一番大変なのが書類

他の物は、ある程度の大きさがあるので、見直そうと思えば案外減っていくのが目に見える。

しかし、書類は1枚1枚見ていくので、延々と時間が過ぎてもまだ山が減らない!
ということになりがちです。

そうなるとモチベーションが下がってしまい、また後で。。。となりがち。

そうして、また一山増えるのです。


そんな状況の方の書類の整理をしてきました。

書類がいろんな場所に散乱してしまっているため、どこに何があるのか分からなくなっていました。

こうなると、毎日探し物を繰り返すことになります。

忙しいために放置してあったはずの書類のために、

その書類を探すのに時間がつぶれる。

時間をつかったにもかかわらず、目的の書類が見つからない。


疲れ果ててしまいますよね。




保険関係は、バラバラになっていると、どんな保険に入っているのか分かりません。

家計のに見直しをする際に、どんな保険に加入しているのかは必須の事項です。

しかし、どんな保険に入っているのか分からないのでは、見直すどころではありません。



月々支払っていれば、通帳を見ればどの保険会社に加入しているのか分かります。

しかし、一括払いのものは漏れてしまいます。


投資関係についても、解約したものと継続中のものは分けなくてはなりません。

記憶がしっかりしているうちはいいのですが、うる覚えになってくることも考えられます。



保険だけでも整理してみると、どれだけの数の保険に入っているのか、内容はどんなものかが分かります。

保険証券が見つからない!なんてこともないでしょうし、

住所など変更しなくてはならない事項も、そのままにされることもないでしょう。

証券と確認のお知らせは、異なるものです。

お知らせを見て、これに入っていると気がつくのでは、いざという時に請求できないということ。


こんなことにならないように、一年に一度は見直してみてはいかがでしょうか?









ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
本・書類のお片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)

書籍類の整理

2012/06/01 Fri 18:42

片づけホームティーチャーこと整理収納アドバイザー園田 智恵です。

書籍類の整理について、マイベストプロ神奈川にコラム掲載いたしました。

たくさんの書籍でお困りの方は、意識改革にお役立てください。

書籍類の整理 PART1

~いつか使うかも~



ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
本・書類のお片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)

いつか使えるかも???

2012/02/23 Thu 16:15

~いつか使える~
~いつか使えるかもしれない~

その「いつか」は、いつでしょうか?

明確に答えられない「いつか」は永遠に来ないかもしれません。

日本は四季があり、1年使わなかった物は、ほぼ何年とっておいても使いません。

その数年の間、使うかどうかわからない物に埋もれて生活するのは、楽しいでしょうか?

自分が本当に好きな物に囲まれて暮らす方が、毎日楽しいと思うのですが、いかがでしょう。

使いたい物なら、身近に置いて使ってあげましょう。

モノは使ってこそ命がまっとうされるのです。

書棚にある本は、すべて読み終わった本でしょうか?

本棚1

読まずに3年ある。
というなら、その本はあなたにとってはいらないモノ。

読みたい本ではない証拠。

もしその3年間、本のリサイクルショップに置いてあったなら、

いったい何人の人に読まれたことでしょう!

本という物の命から考えれば、あなたの本棚にない方が活きるのです。

もうそろそろ狭い本棚から解放してあげてはいかがでしょうか?

お部屋も、あなたのこころも、息が詰まって心筋梗塞おこす前に。





ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村ちょこっと押してね!ありがとうございます。
本・書類のお片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。